工事車両を徹底解剖

こうじの種類を知ろう

ブルドーザーがあると便利

ふさわしい方を選択しよう

簡単に土砂を運びたいと考えている場合は、ブルドーザーを使う人が多いと思います。
ですがブルドーザーには、乾いた地面で使えるタイプと湿った地面で使えるタイプの2種類があることを忘れないでください。
選択を間違えると、上手く進まないので作業が滞る原因になります。

ブルドーザーはサイズが大きく、購入する時は他の工場車両に比べて高額になりがちです。
ですからレンタルで済ませようと思っている人は、工事現場の地面の様子をしっかりと確認してからレンタルしてください。
1回レンタルして、地面に合っていないからと違う種類に変更したいと言っても聞き入れてもらえないケースが多いです。
余計な出費が発生する原因になるので気をつけましょう。

大きな岩も排除できる

ブルドーザーは力が強いので、ホイールローダーでは運べないぐらい大きな岩でも簡単に動かせます。
工事現場で活躍することはもちろんですが、ダムを建設する時など大がかりな工事の際にも使われます。

また、ブルドーザーは何かを地面に埋め込みたい時にも重宝します。
住宅やビルを建設する時は、水道管を地面に埋め込む作業が必須になります。
その時に邪魔な土や石を押しのけるために、力を発揮してくれます。
水道管を埋め込む時は、一旦よけた土を再び上から被せないといけません。
いらない土を遠くに持って行く時はホイールローダーがベストですが、ちょっとよけておくだけの場合はブルドーザーを使ってください。
そのように、工場車両が使い分けられています。