工事車両を徹底解剖

こうじの種類を知ろう

堀った土はどうするのか

土を運ぶ工場車両

簡単にホイールローダーのことを説明すれば、土を別の場所に運ぶために使う工場車両になります。
ホイールローダーはショベルカーと違って、タイヤがついています。
ですからどんな道でも進むことができるので、作業がさらに円滑になります。
ショベルカーはキャタピラーがついているので、狭い道や遠くまで運ぶことに適していません。
工事現場では、ホイールローダーを使ってすばやく邪魔な土を排除しています。

3トン未満の小さいサイズもありますし、大型のホイールローダーになると10トンにもなります。
極端に狭い工事現場の場合は、動きやすい小さめのホイールローダーの方が使いやすいでしょう。
工事現場の状態を見て、使用するサイズが決められます。

どこで使われるのか

主な使用用途が土を運ぶことなので、工事現場や森林などで使用されます。
ま雪がたくさん降る地域では、除雪作業をするためにホイールローダーが使われるケースもあるそうです。
たくさんの場面で、ホイールローダーを見かける機会がありますね。

また、農家でも頻繁に使用されている光景が見られます。
作物を育てるために、畑に肥料を散布しなければいけない事態が訪れます。
広い畑に人間の力だけで肥料を散布するのは大変ですが、ホイールローダーを使えば短時間で終ります。
家畜のエサを運ぶ時にも重宝されます。
一気にたくさん運べるので、農家では時間だけでなく負担を軽減することにも力を発揮しています。
これまで使っていなかった人は、取り入れてみましょう。