工事車両を徹底解剖

こうじの種類を知ろう

たくさんの工事車両

基本性能を知ろう

主にショベルカーと呼んでいますが、正式名称は油圧ショベルと言います。
ショベルカー以外にも通称があって、ユンボやバックホーと呼ばれることもあるそうです。
このような名前は、知らなかった人が多かったのではないでしょうか。
工事現場でユンボやバックホーという名前が出てきたら、ショベルカーのことだと思ってください。

先端に地面を掘るためのバケットがついているのが大きな特徴です。
工事現場以外に、何かを採掘する時にも力を発揮してくれます。
仕事で使用する時は購入する人もいますが、レンタルで済ませる人も多く見られます。
使用頻度によっては、レンタルで済ませた方が安くなるケースも多いので費用を安く済ませる方法をよく考えて選択しましょう。

小さい油圧ショベルもある

通常のショベルカーは、7トンから10トンぐらいの大きさになります。
それ以下のサイズは、ミニショベルカーと呼んでいます。
サイズが小さく小回りが利くので、狭い工事現場で活躍を見せています。

また、通常の大きさのショベルカーより価格が安くなる部分も好まれています。
かなり安い価格で販売しているお店を見つけると、3万円前後で売られています。
そのぐらいなら購入できるでしょうから通常のショベルカーをレンタルで済ませてミニショベルカーを購入する選択を取っている人が多いです。
小さいので、1回で掘ることができる土の量が少ないです。
広い工事現場で使用する場合は、作業が終わるまでに時間がかかってしまうかもしれないので気をつけてください。