工事車両を徹底解剖

こうじの種類を知ろう

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

たくさんの工事車両

建築物を作る時は地面を掘る工程が必要になる場合が多いです。 その時は、ショベルカーを使うことになります。 工事現場に行くと必ず存在しているので、誰でも1回は見たことがあると思います。 ショベルカーにもいろんなサイズがあったり、使用目的によって選択する種類が異なります。

堀った土はどうするのか

ショベルカーを使って地面を掘り進めるのはいいですが、その時にでた土はどうするのでしょうか。 そのままにしておく訳にもいかないので、別の場所へ移動させなくてはいけません。 ショベルカーは地面を掘ることに適していますが、運ぶことは得意ではありません。 その時はホイールローダーが使われます。

ブルドーザーがあると便利

ブルドーザーがあれば、すぐに土砂を運ぶことができるので便利です。 ホイールローダーは土を持って行くことが仕事ですが、ブルドーザーは押して運ぶものになります。 2種類とも土を運ぶことが仕事ですが、工事現場の状態によってどちらを使った方が良いのか変わります。

掘る時に使うもの

工事車両と聞くと、みなさんはどのような形を思い浮かべますか。
ショベルカーなどは一般的なものだと思います。
ですが、工事車両はそれだけではありません。
土を運ぶために使うダンプカーや、デコボコした地面を平らにするためのトレーラーも工事車両に含まれます。
あまり詳しくない人は、どの工事車両をどんな時に使用すれば良いのかわかっていないと思います。
前もって調べていれば、工事をする時や農業をする時にすぐ必要な工事車両を選択できます。

工事車両があるおかげで、人間の作業がとても楽になっています。
工事現場で働くと聞くと、肉体労働がメインになるので非常に疲れる仕事だと思ってしまう人がほとんどではないでしょうか。
従来は確かにたくさんの作業を人間の力だけで済ませていたので、負担が大きかったし1つの作業を終わらせるまでに長い時間が必要になっていました。
ですが、最近は人間の負担を減らす便利な工事現車両がたくさん登場しています。
負担が減ったので、これまでは男性向けだと言われていた仕事でも女性が担当する機会が多くなりました。
女性も無関係なことではないので、工場車両の種類を知っていた方が良いと思います。
工事車両のことを知っていれば、命令された時にすぐ内容を理解して円滑に仕事に取り組むことができます。
そのような人材は重宝されますし、働きやすくなるのでメリットが多いです。
工事現場などで働きたいと考えているなら、工事車両の種類を把握しましょう。